校長室

 武生高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本校は、1898年(明治31)に創設された福井県武生尋常中学校を前身とし、学制改革により1948年(昭和23)に男女共学の福井県立武生高等学校として設立されました。卒業生は4万6千人を超える伝統校で、地元はもとより全国各地、さらには国際社会においても政治・経済や科学技術、教育や医療福祉など社会のさまざまな分野で輝かしい業績を上げ、その発展に大きく寄与しています。

 2008年(平成20)より文部科学省の「スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)」の指定を3期にわたって受け、「豊かな創造性・独創性を持ち、社会に積極的に働きかけようとする精神を持ち、未来のイノベーション創出を狙い、地域をリードし、国際社会に貢献できる科学技術系人材の育成」に取り組んでいます。

 そのために、地域企業・大学・行政機関・本校卒業生と連携し、課題設定から成果の発信まで系統的に進める課題研究、教科横断型授業開発と授業改善、生徒が主体的に活動する中高連携事業、海外の高校生や研究者との交流等により、自己発進力と行動力を涵養しています。これらの探究的な学びや多様な教育活動を通して、生徒の個性をより多彩に伸ばして自走力を養い、グローバルな視点を持って自ら社会の発展に貢献できる人材の育成を目指しています。

 武生高校は、生徒や保護者、地域の皆様方の期待に応えることができるように、よりよい学校を目指して取り組んでおります。そして、生徒たちが本校で学んだことに自信と誇りを持てるように、輝かしい伝統と営々と築き上げてきた社会からの信頼の上に、新しい歴史を積み上げていきたいと考えています。  ホームページをご覧いただきました皆様には、本校の教育活動について十分にご理解いただきますとともに、今後ともご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

校長 島田芳秀